自由葬

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

近年では形式に縛られない葬儀も増えましたが、それでも主流は仏式の葬儀で宗教的儀礼に沿って行われます。宗教的な作法に捕らわれず、自由な形式で行うのが自由葬です。お別れ会や偲ぶ会に近いものと思っていただいても間違いではありません。

その自由葬ですが、宗教的儀礼に沿わないといっても宗教そのものを否定しているわけではありません。故人や遺族が望むのなら、お経を挙げてもらっても構わないのです。相当なレアなケースを想定したものですが、古今東西の宗教に通じた宗教学者が亡くなったとしましょう。その方の遺言が「東西を問わず、世界の宗教で葬儀を行って欲しい」というものだったら、仏式と他の宗教をミックスした葬儀を行っても構わないのです。また、母方と父方の宗派が違うので、両方のお経を唱えてもらいたいということも可能です。まあ、宗教は世界中で争いの火種になっているので違う宗教をミックスした葬儀を望む宗教学者もいないでしょうし、日本でも違う宗派での諍いはあるので、そんなことを望む方もいないとは思います。依頼を受けた葬儀社も「それはちょっと…」と諭してくるでしょう。

葬儀場へ向かう人日本人は無宗教の人が多いと言われていますが、それでも初詣に出かける人の数は多いですよね。神社に出かけても初詣ですし、お寺に出かけても初詣です。普段は意識しないものの、生活の中にうまく宗教を取り入れているのが日本という国です。ある意味、火葬儀もした自由葬と言えます。昭和の頃の葬儀と較べたら、平成の葬儀はほぼ自由葬といえるのではないでしょうか。

Comments are closed.

Copyright©葬儀の種類 2009 - 2019 All Rights Reserved.