宗教や地域柄でも異なる喪主の役割

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

 喪主の役割は地域や宗教によっても大きく異なります。まず、どなたかがお亡くなりになった時に喪主の役割として1番最初に行うべきはどのようにお見送りを行うかと言うことです。一般的にはお通夜や葬儀のスケジュールを決めることからスタートします。そして、どこでお通夜や葬儀を行うのか、案内をどこまで出すのかから大きく役割がスタートです。そして、お通夜や葬儀に参列された方々へどのようなお返しをするのかを決める事も喪主の役割になります。また参列者への対応を行う人選を行わなければなりません。 そして、どこでお通夜や葬儀を行うのか、案内をどこまで出すのかから大きく役割がスタートです。そして、お通夜や葬儀に参列された方々へどのようなお返しをするのかを決める事も喪主の役割になります。また参列者への対応を行う人選を行わなければなりません。また葬儀に際しては挨拶を喪主として行う必要がありますので故人の生前のエピソードなどもきちんと調べておかなければいけません。
その後は49日や100カ日の段取りなどもきちんと決めておかなければなりません。それらの段取りや風習に関しては地域や宗教によって少しずつ変わってきますのでご高齢の方々などにヒアリングをかけながらしきたりに従って進める必要があります。

Comments are closed.

Copyright©葬儀の種類 2009 - 2019 All Rights Reserved.