民営と公営の斎場のメリットとデメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

斎場はかつては火葬場とは違う場所にありましたが、近年は斎場の敷地内に火葬場を設ける所も出てきていますので利便性が上がっています。この斎場は運営側が民間の会社か地方自治体かによって、民間と公営の斎場に分かれます。
民間の斎場の場合には誰でも利用することができるメリットがあります。希望する日時に予約が入っていなければ誰でも予約が取れます。それに公営の斎場にはないくらいの充実したサービスがあります。ですからサービスを重視して選ぶならば民間の斎場を選んだ方が良いでしょう。ただし民間の斎場にもデメリットがあり、それが料金が割高であることです。
一方公営の斎場の場合は、料金は割安で利用することができることにメリットがあります。とにかく費用を抑えたい遺族にとっては魅力があります。ただ公営の斎場を利用する際には民間の斎場とは違って誰でも利用できるものではありません。公営の斎場が利用できる人は、原則としてその地方自治体に居住しているという条件があります。例外的に地方自治体によって別の地方自治体に居住する人でも利用することが可能ですが、その場合にはその地方自治体に居住している人がまず優先されますので、別の地方自治体に居住する人の予約は後回しになります。またサービスに関しても民営の斎場よりも劣ることがあります。
以上のように民営と公営の斎場には、それぞれにメリットもあればデメリットもあります。

Comments are closed.

Copyright©葬儀の種類 2009 - 2019 All Rights Reserved.