自然葬

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

自然葬 葬儀新しい葬儀のスタイルといえば、まず自然葬を思い浮かべる人が多いでしょう。

遺灰を海や山にまくという散骨のことですが、自然葬は土葬、風葬、鳥葬、水葬、火葬、冷凍葬、樹木葬などを含むものとも考えられます。

散骨は古代からありました。9世紀の淳和天皇は火葬し、遺灰は大原野西山嶺上に撒きました。墓を作ると鬼が取り付いて祟るから、という理由でした。中世までは、庶民は散骨が慣例で、お墓は檀家制度が広まった江戸時代中頃からです。

明治までは土葬が多かったために、一体ごとの墓が普通でした、明治30年の伝染病予防法により火葬が広まり、それにつれて家族葬が広まりました。

さらに現代では核家族化が進んで、家がお墓を綿々と管理する事ができなくなってきています。そのため、自然葬を希望する人の中には、子孫のことを考えて自然葬を選ぶ例が珍しくありません。市民団体などで自然葬の世話を運営している会などもあります。

環境汚染への懸念から反対もありますが、遺灰には環境を破壊するような成分は無いとされています。

自然葬の中で注日されているのが、樹木葬です。

樹木葬は、「墓地、埋葬等に関する法律」で墓地として許可された森林の中に埋葬します。葬墓のそばに植樹して墓石の代わりにする場合もあり、イギリスでは環境に優しいと話題になっているそうです。

風葬、鳥葬なども世界の中では行われている地域があります。
風葬と聞いただけでは、すこしさわやかな葬儀方法ではないかと感じますが、実際は遺体を野ざらしにし、白骨化させる葬儀方法です。樹木の上、洞窟の中で風化させる樹上葬や洞窟葬も風葬になるそうです。

それら珍しい風習に関しては、いずれご紹介したいと思います。

Comments are closed.

Copyright©葬儀の種類 2009 - 2019 All Rights Reserved.